想い/考え

株式投資が社会貢献にもつながる理由

ガツガツしない株式投資の考え方として、「株は企業を応援するもの」と言われることがある。 中長期スタンスの個人投資家の方はこの考えに賛同される方もいらっしゃるだろう。 しかし、それでは投資家の自己犠牲によって上場企業が成り立っているようなも...
株式投資

東芝増資後株主の状況。超大規模増資とリスクと隣り合わせの株主構造

東芝の大型増資は、その規模と引受先の顔ぶれが大きな話題となった。 増資額は6,000億円規模で、発行済株式数の半分に相当する超大型増資であったこと、引受先が「もの言う株主」を含む投資ファンド中心であったことは驚きを持って受け止められた。 財...
株式投資

企業不祥事後の株価推移を検証。神戸製鋼はどうなるか!?

2017/10/8、神戸製鋼の品質データ改ざんが明らかになった。 生産するアルミ製部材について、顧客が求める品質基準を改ざんしていたという内容だ。 不祥事発覚後、初めての株式市場の営業日となった2017/10/10、神戸製鋼の株価は、21....
株式投資

株主優待で株価は上昇するか? 投資戦略として株主優待銘柄の特性を考える

株主優待は日本独自の制度である。 諸外国と異なり、日本企業は株主層獲得の手段として優待を用いることも多い。 野村インベスターリレーションズによれば、2016年11月末時点で優待制度導入企業は1,348社に上り、全上場企業の34%にあたる。優...
想い/考え

【アマゾンの破壊力】アマゾンエフェクトで消える会社、伸びる会社

アマゾンによって流通が大きく変わってきている。 もはや衆知の事実だが、アマゾンが業界を変革することで窮地に陥る企業も少なくない。 株式市場では、そういったアマゾンに喰われる企業が具体的に意識されはじめている。 「アマゾン恐怖株指数(De...
株式投資

テンバガー銘柄の特徴。高ROE企業、時流を捉えた銘柄をマーク

株価が10倍になる銘柄。誰もが憧れるいわゆるテンバガーの特徴を分析してみたい。 テンバガー銘柄の特徴 2013年1月からの2017年9月27日迄の期間で株価上昇率をランキングしたところこの期間でテンバガーは45銘柄あった。 顔ぶれを見ていく...
株式投資

日本企業の持合解消は進んでいるか。2017年時点の状況

(6702)富士通が保有している(6504)富士電機の株式を売却すると発表された。 ご存じの方も多いだろうが、両社は富士通が富士電機の子会社として設立された生い立ちもあって、血縁関係が深く長年に渡り株式を持ち合ってきた。 それがここ...
株式投資

取引所外での株式売買「ダークプール」を解説

株式取引の方法としてザラバ以外での取引以外に「ダークプール」と呼ばれるものがある。主に機関投資家に使われることが多いものだ。その内容について説明したい。 ダークプールとは ダークプールとは、各証券会社が自社で受けた注文を整理して、その中で同...
株式投資

日本市場の主要アクティビストファンドと投資先企業一覧。

日本でもアクティビストファンドの存在が知られて久しいが、まだまだ具体的には一部の人にしか認知されていない。 結局彼らはどんな存在なのか。日本ではどのようなファンドがいるのか。投資されている企業はどういったところなのか。 一覧する形で整理した...
金融業界

MiFID2がもたらす資産運用業界の変化

2018年1月3日から、MiFID2(欧州第二次金融商品市場指令)が適用された。 MiFID2の軸となる内容について、整理してみたい。 リサーチ費用のアンバンドリング MiFID2導入による焦点は、「リサーチ費用のアンバンドリング」である。...
タイトルとURLをコピーしました