資産運用の心構え

なぜ証券会社の営業はしつこいのか。

昔から、証券会社の営業のしつこさに悩まされる人はとても多いです。 今は深夜の電話などは禁止され、マシになっていますが、 二度、三度断ったものをしつこく押し売りしてくるスタイルは何年も変わっていません。 なぜそれほどまでにしつこいのか・・・...
株式投資

コロナショックを契機とした社会の変化

コロナ禍を契機に、世の中の形が変わろうとしています。 2020年前半までとは形を変えたものが新たなスタンダードになっていくでしょう。 2020年現在においての予測として、近未来像を考えてみたいと思います。 当たり前だろうという話もあれば...
金融業界

MiFID2の適用状況(2018年9月時点)

2018年に始まった運用業界の規制「MiFIDⅡ」も適用から9ヶ月が経ちました。 当初は、探り探りのスタートでありましたが、この時点で大分形が出来てきました。 規制の形はアップデートされていく可能性がありますが、2018年9月現在の状況を...
金融業界

日経アナリストランキング2018結果

2018年3月11日発刊の日経ヴェリタスにて、アナリストランキングの結果が発表されました。   総合ランキングは野村證券が5年ぶり首位奪回、各セクター別ではベテランアナリストが上位を占める一方で少しづつ若返っている印象もあります。   翌年...
金融業界

投資信託は分配型偏重から脱却できるか?

日本の投資信託は分配型投資信託に人気が偏っていました。 個人投資家からすると毎月口座にお金が振り込まれるので何となく儲かった気になる商品なのですが、分配型が人気を集めているのは日本くらいです。 分配型投信は運用状況に関わらず儲かった気...
株式投資

東証マザーズとジャスダックが統合した場合の影響について

東証マザーズとジャスダックが統合するとの報道が出ています。 2018年1月6日の読売新聞で、「マザーズとジャスダック統合検討…市場活性化」と報じられています。 報道によれば日本取引所グループ(JPX)は、2019年度からの2022年度までの...
株式投資

株式投資が社会貢献にもつながる理由

ガツガツしない株式投資の考え方として、「株は企業を応援するもの」と言われることがある。 中長期スタンスの個人投資家の方はこの考えに賛同される方もいらっしゃるだろう。 しかし、それでは投資家の自己犠牲によって上場企業が成り立っているようなも...
金融業界

投資信託販売会社の格付けは効果があるか?

2017/12/8の日経新聞に「R&I、投信販社を格付け」との記事が報じられた。 投信の販売会社とは、銀行、証券会社、郵便局等を指しているが、それらが「顧客本位の業務運営」をしているかで安心できる販売会社か否かを格付けする。 R...
株式投資

東芝増資後株主の状況。超大規模増資とリスクと隣り合わせの株主構造

東芝の大型増資は、その規模と引受先の顔ぶれが大きな話題となった。 増資額は6,000億円規模で、発行済株式数の半分に相当する超大型増資であったこと、引受先が「もの言う株主」を含む投資ファンド中心であったことは驚きを持って受け止められた。 財...
金融業界

投資信託の直販拡大で変わること

投資信託の直販の動きが加速している。 投信直販の流れは徐々に加速してきており、大手では2015年に三井住友アセットマネジメントが直販を始めて以来、各社が追随する流れとなり、インデックスファンドを中心に手数料も競争の動きが出てきた。 元々...
タイトルとURLをコピーしました